Paste your Google Webmaster Tools verification code here

本治験について学ぶ ― 子供の視点から

デュシェンヌ筋ジストロフィー(Duchenne muscular dystrophy)は、DMDと略され、子供たち(ほとんどが男子)の筋肉を弱くします。科学者たちは、筋肉が弱まってしまう、DMDを患う子供たちを助けるための薬を作りました。この薬が治験薬と呼ばれるものです。

この治験薬が効くか調べるため、科学者はこの薬について学ぶ必要があります。薬が人間でテストされることを治験と呼びます。この臨床治験では、科学者がDMDを患う子供たちの薬をテストします。

この治験にご参加されたいですか

治験に参加するためには、テストを受ける必要があります。テストは、治験期間中の最初の医師訪問で実施されます。このテストは、医師が、本治験にあなたが適しているかを理解するために実施されます。

合意書という文書を読んでください。本合意書は、治験について分かりやすく説明しています。

6歳~10歳までのお子様の同意書を閲覧するにはこちらをクリックしてください。

11歳~15歳までのお子様の同意書を閲覧するにはこちらをクリックしてください。

この治験の期間は?

本治験は2年間続きます。

治験訪問のための医師訪問の頻度は

治験の開始後、毎月訪問の必要があります。

治験薬の提供方法は?

治験薬は腕から針を通して液体で提供されます。針が腕に刺される以前に、看護師が腕に薬を塗るので、針を感じることはありません。看護師が治験薬を施すまで2時間かかります。看護師は、あなたが居心地良くいられるように配慮します。映画を見たり、音楽を聴いたりすることができます。

以下のアニメーションは、医師が行う一部検査について説明したものです:

更に学ぶために写真をクリックしてください。